ごあいさつ

 

組合長 ご挨拶

組合長 ご挨拶
 
ごあいさつ
代表理事組合長
美﨑 健二  
 
   新年明けましておめでとうございます。
 組合員の皆様におかれましては、つつがなく新しい年をお迎えの事とお 喜び申し上げます。旧年中はJA事業全般にわたり格別のご理解とご協力を 賜り、厚く御礼申し上げます。
 昨年は、天皇陛下が御退位されるとともに、新天皇陛下が御即位され、様々な即位の祭典がおこなわれ、新たな元号「令和」の時代となりました。またラクビ-ワ-ルドカップでは日本チ-ムが初のベスト8進出を果たし世界陸上競歩では金メダルを獲得しております。
一方8月には九州北部では豪雨災害が発生し、9月に台風15号・10月には台風19号により関東地方を中心に甚大な被害が発生し、農地や農業施設等も大きな被害を受け収穫間近の農産物、播種等に大きな被害をもたらしました。被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 さて、JA事業につきましては、「農業者の所得増大・農業生産の拡大・地域の活性化」を基本目標とするJA自己改革を通じた「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」の確立に向けて役職員一丸となって取り組んで参りました。
 さらに、新たな時代に向けたJAの挑戦として、次期中期経営計画を作成し、自己改革の更なる実践と取り組みの強化を図ります。
 また、近年日本農業やJAを取り巻く情勢は大きく変化している中、今後においても農業振興を強力に進めていくためにも、県域統合JA構想を進め徳島県内のJA・中央会・連合会・県本部等の持つ人材や資金、施設等の経営資源を1つの組織として統合することを目指し、組合員やご利用いただいているお客様に今まで以上に「選んでいただけるJA」を目指した取り組みを進めているところです。
   一方、もう一つの取り組みとして徳島県内のJAが結束して、(株)JA徳島情報センターを立ち上げ、経済・管理システムを統一し、監査法人の公認会計士監査への対応をおこなって参ります。
 こうした状況を踏まえ、さらなる農業者の所得増大に向けた自己改革の具体的な取り組みを拡充し、地域の皆様に感謝の気持ちと負託に答えられるJAとして、役職員一丸となり取り組んで参りますので、尚一層のご指導、ご協力を賜ります事をお願い申し上げまして、年頭のご挨拶と致します。
 
   
品 目 出荷時期 内 容
レンコン 周 年 早生もの、トンネル、露地ものと栽培形態を変えニーズにお応えしています。
ラッキョウ 5月~6月 鳴門海峡の白砂が育みました。
な し 7月~8月 幸水、豊水梨が中心で、あまさは格別です。
す だ ち 3月~8月 ハウスすだちは香りが命です。
春 大 根 2月~3月 春先の大根として近年注目されています。
甘 藷 1月~3月 なると金時中心で品質は折り紙つきです。
ト マ ト 3月~8月 ハウス栽培による甘みの高いフルーツトマトを栽培しています。
その他野菜 周 年 露地大根、ツルムラサキ、甘長とうがらし、スイカ
 
徳島北農業協同組合
(JA徳島北)
〒779-0302
徳島県鳴門市大麻町大谷字
八反田10番地1
TEL.088-683-5678
FAX.088-683-5618

───────────────
 
<<徳島北農業協同組合(JA徳島北)>> 〒779-0302 徳島県鳴門市大麻町大谷字八反田10番地1 TEL:088-683-5678 FAX:088-683-5618